2019 spring

 

とかいにあふれるぐんしゅうとけんそう

    ひとはみごとにぶつからず

    そこにあるのはきかいのようなちみつさつめたさ

    てつのぬくもりさがしさまよう(K.O.

 

    たまごのこどもまよねーず

    こんばんのおともにまよねーずはいかが

    あついてつのうえでおどりひろがるおいしさ

    おなかのむしはもうおさまらない(S.O.

 

                むしをたべよう

    せかいをすくうむし

    うまいむし

    こめがむしになるひがくるのか(T.M

 

    こめへりまくり

    ひとふえまくり

    まずいよ まずいよ

    せかいのこめそうどう(H.M

 

    かいだんをのぼっていくこのふたつのあたま

    おれんじのひざしをめざしてすすむすすむ

    このいいきぶんのしょうみきげんをおしえてほしい

    それでもふたつのあしはとまらずすすむすすむ(N.M

 

    まいにちとまとをひとつぶたべる 

    もくとうのように

    こたえてほしい

    やまもそらもみずももりもしずか(H.A

 

    もみじがもえている

    がやがやとそのこえはとおくまでひびく

    なかまにいれてとたずねようとも

    こえはくうをきるばかり(R.T

 

    くうきゅうをまう

    わたしときぎのわらいごえ

    あなたはわたしにといかける

    わたしのなまえをおしえてよ(C.F

 

    めのまえにある

    たくさんのなまがき

    たべてもいいのかじぶんにきく

    あたりませんように(M.H

 

    かわへせんたくしにいこう

    よごれたものすべてをもって

    わるいことなんてないさ

    となりのひともおなじだから(Y.T

 

    きゅうじつもあさからくろいたてものではたらく

    なにをすればいいのかわからなくなったまつろである

    あたまのなかにあるのはしごとのことだけ

    きょうもまたどれいのようにむちにくるしむ(S.N

 

    ゆきだるまをつくるおさないきょうだい

    てはかじかんでまっかっか

    あそびつかれておうちへかえる

    まっているのはままのてりょうり(A.K

 

    りょうりがにがてなわたし

    かていてきなあのこ

    だからいってしまったのかな

のこっているのはきみのかげ(A.S

 

いちめんにさくひまわりのはな

あいだをはしるわらいごえ

なまえをよんでもどってくる

わたしとあなたのたからもの (M.U

 

しとあなたは

ぴんくのあくまのてに

よばれてつれさられる

おきればゆりのなか (N.O

 

きれてもきれないしつこいさーくる

とうみんからさめたあなぐまは

あらたなこどもらひきつれて

おどりうたうよほえかたわすれて (Y.N

 

ほえたしじんはいまはてんごく

びーとはつづくよどこまでも

ふるいころもをぬぎすてて

ふじはあらたなゆきげしょう (S.H